肝臓 しじみ

肝臓ケアにしじみがとってもいい

肝臓しじみ2
肝臓にしじみがいいと言う理由はしじみには栄養的にアミノ酸の一種タウリンが多く含まれているからです。メチオニンは肝臓を正常に保つ働きがあります。良質のいいタンパク質は肝臓の修復を回復します。ビタミンB2は脂肪の代謝を助けます。鉄は免疫を高めて造血作用する働きもあります。しじみはストレスや貧血などを改善する効果もあると言われてます。

 

お酒をのんだ後など効果があると思います。いつも私は友達と飲みにいったあとは家に帰ってしじみのお味噌汁を飲むことを習慣にしています。次の日も朝おきるとすっきりしています。効果はあると思います。肝臓の数値がわるくなったことはありません。生活習慣病対策にもしじみはとってもいいです。適度の運動と食生活がだいじだと思っています。肝臓の働きは栄養素の代謝や胆じる分泌解毒作用する働きがありますのでとても重要なからだの一部です。またしじみのサプリメントもあるので旅行とか行くときは非常に便利です。

 

しじみは売ってる時とないときがありますのでそういう面ではお手軽かもしれません。私もそのまま食べれないときはサプリメントも常用しています。家族も一緒にのむこともあるので台所においてると便利です。肝臓を守る予防の一つと言えます。これからもしじみは必ず食べることにしています。

しじみはいつも冷凍庫にあります

肝臓をいたわるというと、飲みすぎというのが一番に頭にうかびますが、実は食べ過ぎもいけません。そもそも肝臓は解毒をつかさどる臓器で、春は冬場に貯め込んだ毒素を解毒し、特に全身が活発に動き出す時期なのでこの時期のケアを怠らないことも大事です。
漢方でいうところの肝の悪い私はあまり体が丈夫でなく、案の定春が苦手です。

 

夫も毎日ビールを飲むので、朝の味噌汁のだしは大体しじみでとります。今はスーパーでも年中といっていいほでおいてあるので、家に持ち帰って砂出しを完璧にしてから冷凍保存します。これで一応安心なのですが、実は肝細胞の修復にはタンパク質が欠かせません。近頃はこれに加えて、タウリンの多い牡蠣やいか、卵それに大豆たんぱくもとるように心がけています。
肝臓しじみ1
また、タンパク質だけではなく、肝臓の機能を助けるミネラルも野菜や海草類からとりましょう。
本当は予防ができればあまり心配せずにすむのですが、うちの場合はほとんどが対処療法みたいなものです。結局食べ過ぎ飲みすぎなければいいのですが、それが一番難しいようですね。

サプリで補っていく考え方

肝臓にはやはりサプリでアプローチする考え方も最近では流行りとなっています。
やはりしじみなど毎日摂取するのは厳しいと考える人も多くいるからです。やはり生活環境でできる人とできない人に大きく別れちゃいます。

 

肝臓サプリメントやグルコサミンサプリで内側から健康にアプローチしてみるのも良いかもしれません!
またコンドロイチンやスムージー、生青汁、ユーグレナなんかも効果は高いと聞きます。

 

ちなみにユーグレナはミドリムシ?

肝臓ケアや二日酔い対策などにも良いといわれている万能素材ユーグレナ!
商品としての評価もかなり高く、開発が進んでいます。東証では一部上場といったニュースも目立ちます。

 

伸びている証拠ですね。

 

スムージーに粉末ユーグレナを混ぜるのもありかも!!

肝臓ケアに酵素や様々な生野菜を使ったスムージーが注目されています!
野菜はビタミンよミネラルが豊富なのでサプリと合わせてスムージーもおすすめです!

 

人参 もやし キャベツなどは肝臓に効果が高い食品と言われていて、さらにスムージにーにも取り入れやすいでしょう!
いっそのことユーグレナ食品や しじみなども入れてみるのも面白いレシピかもしれません!

 

【参考】
グリーンスムージーlabo※【作り方、ダイエット、便秘ナビ